2021年2月24日水曜日

波状雲


「波状雲」(鈴鹿市)

高気圧に覆われ終日快晴。夕方に少しだけ上層雲が湧き出し,波状雲として大気の波動を反映していました。


▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼


14:17 鈴鹿市 巻層雲 16:12  16:13  17:22 波状雲



 

2021年2月23日火曜日

突如 飛行機雲


「突如 飛行機雲」(四日市市)

正午ごろ気圧傾度が大きくなり,なかなか強い風が吹きました。特に目立った雲のない空でしたが,14時頃にたくさんの飛行機雲由来の雲が広がったのには驚きました。その後は層積雲やその上層に巻層雲が流れ込む空で,22°ハロやタンジェントアークが生じました。



▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼




14:15 四日市市 15:04 22°ハロ タンジェントアーク



 

2021年2月22日月曜日

22.2℃ 花粉光環


「22.2℃ 花粉光環」(鈴鹿市)

暖気移流が強まり、四日市市では最高気温22.2℃とかなり温かい一日となりました。これにより、多く花粉が散布されたようで、太陽の周りには今シーズンでは初めての花粉光環が見られました。

▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼



13:13 鈴鹿市 花粉光環



 

2021年2月21日日曜日

快晴 ヘイズの空


「快晴 ヘイズの空」(四日市市)

今日も快晴の空。南西からの暖かい空気で,昨日よりも昇温しました。四日市市では最高気温18.4度,津市では21.5度。完全に春の陽気です。
トップの写真はそんな快晴の空の様子。地上付近はヘイズが多く,モヤっとした白い空でした。



▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼



15:26 四日市市 15:26 快晴



 

2021年2月20日土曜日

南高北低 快晴の空


「南高北低 快晴の空」(津市)

偏西風は北に蛇行しており,南西から暖気が流入しました。三重県は各地で最高気温14度以上と暖かい一日で,春の訪れを感じる一日でした。日の入り時の太陽の方位角は258度で,着実に北に太陽が移動しています。


▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼




17:30 津市  17:30 




 

2021年2月19日金曜日

南高北低 層積雲


「朝の層積雲」(鈴鹿市)

関ヶ原を通ってきた雲から時折雪が降り,朝には一応数ミリの積雪が観測されました。空には低く立ち込めた層積雲。午後以降は高気圧が張り出し,快晴となりました。

▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼



7:20 鈴鹿市 7:20 層積雲 10mm



 

2021年2月18日木曜日

舞う雪 太陽柱


「舞う雪 太陽柱」(鈴鹿市)

西高東低の気圧配置で,強い寒気が流入しました。昨日同様に雪を撒き散らす積雲が山沿いに生じています。夕方,雪が舞い始め,太陽柱が生じました。板状の氷晶が水平に分布している証拠です。最低気温は四日市市で-2.9℃(3:53)。

▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼

7:27 鈴鹿市 幻日 7:38 積雲の降水雲 10:00 積雲 17:09 舞う雪 太陽柱  17:10 




17:10 雪の降水雲



 

2021年2月17日水曜日

雪の環天頂アーク


「雪の降水雲/環天頂アーク」(鈴鹿市)

降水雲を伴う積雲が卓越。寒気移流の影響で,気温は低く降水粒子は雪です。時折この降水雲由来の雪がちらつきました。上層雲は見られませんでしたが,淡く環天頂アーク。降水粒子の雪結晶の影響でしょうか?
夜には昨日に引き続き月の撮影をしました。おそらく普通の人は「三日月」と呼ぶでしょうが,1日で欠け方も大きく違うことがわかりますね。

▼クリックすると大きな写真で楽しめます▼

7:52 積雲 降水雲 15:39  19:45 月齢5.3